So-net無料ブログ作成

リッチ・バイブレーションのすすめ [健康]

膝のお皿が少しずれて、大好きな正座がきつくて残念な日々。
私なんか正座が大好きすぎて農水省の委員会でもイスの上に正座で座っていたくらいなのに(「机の下から葉子ちゃんだけ足が出ていなくてみっともないよ」と委員会を傍聴しに来ていた友達に言われて以来していませんがf^_^;)。

骨や軟骨はしっかりしているというのに?。膝のお皿がずれる?
2月に小指を家具にぶつけてヒビが入って走らなくなったことで体重増加、筋力低下とかが影響していたり、ハードフロアを裸足で歩くのも良くないらしいし(だから低反発スリッパが人気でよく売れているのですね!)、長年仲良くしている外反母趾が急に反乱をおこしたか?

あまり歩かない母が人工膝関節手術をしてから、私はしっかり足腰を鍛えて手術のお世話にならないようにしようと思ってウォーキングやランニングを始めてしっかり管理していると思ったのにな。

でも、とにかく膝の不調を治さねば!

いろいろと試している中で、効果ありそう!と感じるのが、五反田にある湧氣塾の勇崎先生と森先生に教わった数々の運動。

昨日もアポをとってご指導していただき、ご指導していただいている間(1時間ほど)に浮き出ていた静脈瘤がおさまり、脚が柔軟になったのが感じられ、足の指、足首、膝が連携して動いていることが感じられ、いかにそれぞれのパーツに無駄な負担をかけていたかを感じたのでした。

足の指はもちろんのこと。まずは足から適切にケアをしていくことの重要さを再認識。それも外反母趾の場合、動かす角度をあやまると逆効果になってしまうのでやはり正しく指導してもらうのは必須だなと。

家でできる簡単な運動をいくつか教えていただいたのですが、出張が多く、移動が多い私に移動中にできる運動、リッチ・バイブレーションを勇崎先生から鹿児島でご一緒していた時に教えていただいたのでした。

リッチ・バイブレーション、一般には貧乏ゆすりと言われているもの。

勇崎先生によると、ゆすりは骨に振動を与えて代謝させることにより、骨を強く豊かにさせる動きとのこと。だからこのゆすりによる振動(バイブレーション)は骨を豊かにさせるので、リッチ・バイブレーションだと勇崎先生。

とはいえ、やりなれていない貧乏ゆすり、なかなかできるわけじゃなく。

飛行機の機内で一人静かにリッチ・バイブレーションの練習をしていたつもりなのに、隣の年配の女性にあからさまにけげんな顔をされ練習ストップ。年配女性の近くではやるまいとし。

先日の委員会で、女性は私のみなので、また一人密かに練習をしていたら、隣の優しい男性が「水野さん、寒いですよね。温度上げますね」と。優しい男性の近くもダメだ。

リッチには縁がないのか?
いや、リッチ・バイブレーションをマスターして運動もしっかりして、膝を治します!

いろいろと試してみて、膝が痛い方々の参考になるようがんばりますね!

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。